急上昇キーワード「ランクル 逆輸入 名前」とは!?

ニュース

急上昇キーワード「ランクル 逆輸入 名前」とは!?
70

逆輸入のランクル70のディーゼル車について

ランクル70の再販を心待ちにされていた方の中には、ランクル70はディーゼルだと考えている方も多いと思いますが、今回の販売はガソリンエンジンで、どうしてもディーゼル車が欲しいという方は、海外で販売されているランクル70を逆輸入するのが手っ取り早いです。

ランドクルーザーの中でも一番骨太で四駆らしさがプンプン漂うランクル70についてお話ししたいと思います。というのも、国内では発売されていない超希少なオーストラリアからの逆輸入車が当店に入庫したからなんです。ランクル70と言えば、日本国内では1984~2004年まで販売されていたモデルと、ランクル70の30周年記念として2014年から1年間だけ再販されたモデルの2種類がありますね。再販モデルの4ドアバンの76とWキャブの79は大ブームを巻き起こしました。今でも再販モデルを取り巻く熱気は中古車市場で続いているわけですが、実は海外ではオーストラリアを中心にランクル70は通常モデルとして販売され続けています。再販モデルのランクル70とこの逆輸入車は共通点もありますし、違いもあります。この逆輸入車の取り扱いを機に、ランクル70の第二の故郷とも呼ばれているオーストラリアでのランクル70事情が気になってしまい、少し調べてみました。よろしければご覧ください。
引用元 https://www.flexnet.co.jp/landcruiser/70/70-articles/post-7619

August Alsina - Make It Home ft. Jeezy

自然の厳しさはタフネスさを売りにするランクル70にとってもハンパじゃないんです。そのためカスタムのスタイルは走りや見た目よりタフネスさを追求するものがほとんど。シュノーケルはさらに空気をスムーズに取り込めるデザインのものがありますが、外観で目立つのはいわゆる頑丈なスチール製やアルミ製のバンパーです。それはグリルガードなんて生やさしいものではありません。ノーマルのバンパーを丸ごと外して交換するタイプです。もっともメジャーなのがARB社製のいわゆるARBバンパー。分厚いスチールかアルミ製で電動ウインチの搭載も可能。ユーザーによっては無線機の長いアンテナや補助ランプなどを取り付けたりします。ヘビーデューティーを絵に描いたようなこのバンパーは、郊外の夜間走行でカンガルーや鹿が飛び出してきた時にクルマを守ることも大切な役目です。もちろんオフロードで立ち往生した時や、他車が動けなくなった時のレスキュー時にもとても役立ちます。内蔵の電動ウインチ(別売)で引っ張ったり、バンパーにロープをつなげて引っ張ったりするので、とても頑丈でなくてはなりません。岩などにぶつけても少々のことでは変形しません。また、サスペンションのカスタムでは2インチ以上のリフトアップが基本です。

出典 http://www.flexnet.co.jp

@idjcmcy 10月8日 私が乗りたい車はトヨタのランドクルーザー70です。 廃盤です。名前のせいで中古でも高いです。最近復刻しましたが、4Lでハイオクのバケ...

@idjcmcy 10月8日 私が乗りたい車はトヨタのランドクルーザー70です。 廃盤です。名前のせいで中古でも高いです。最近復刻しましたが、4Lでハイオクのバケ...

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ